伝わってくる気持ちが大事

DSCF0511.jpg
(FUJI X-E1 / 35mmF1.4)

インタビュー:メーカーインタビュー2013:富士フイルム編 - デジカメ Watch


元々FUJIFILMのカメラが大好きなのですが、昨日見たコラムでさらに好きになった。

--- 数字としての明るさや解像力だけでなく、“画に対する印象”での自分らしさの表現です。
--- 富士フイルムは電子補正に頼らず、光学系だけで補正する設計を今もやっています。
--- まず1月、ラスベガスのInternational CESでは、新しいレンズを発表します。


カメラメーカーとして色再現にコダワリ、数値として現れない部分に全力を注ぐ姿勢、過去のユーザーを切り捨てずにサポートする、精力的に情報を出し興味を湧かせる。なんというかっこいいメーカーなんだろう。

目に見えない部分を説明するのはとても難しいけども、体感してもらうとその良さがわかる。分かる人には分かる製品を作っているのは憧れますね。


何か伝わるものがあると興味を持ってほしくなる。そんなものにたくさん出会えたらいいな。
関連記事

このページのトップに戻る

コメント

名前
メールアドレス
WEBサイト
 
コメント
パスワード
  管理者にだけ表示を許可する

このページのトップへ戻る

最新記事 / コメント

気になるブログ