Nexus5 と Android4.4発表



Google、“没入感”アップの「Android 4.4(コードネーム:KitKat)」を発表
Googleの初KitKat搭載端末「Nexus 5」はLG電子製で5インチ2.26GHz(ITmedia)



日本でもSIMフリー端末が発表日当日に販売されるようになったのは新たな時代の幕開けかもしれませんね。Nexus5は十分すぎるスペックでAndroidの最新バージョン4.4をインストール。

メモリが少ない端末でも動くように最適化されたようで頑張ってるのが好印象。Android4.1→4.2になったときのサクサク感の向上は凄かったので、4.4でも目に見えてわかる動作速度の向上が見られると嬉しいですね。ステータスバーが透明になったのも嬉しい。

現在ひび割れた液晶のまま使っている、Android4.0が世界初搭載されたGalaxy Nexusへの4.4の提供はないらしくNexusシリーズとしての役目を終わったこととなります。Nexus端末はAndroidを長く使うにはとても良い端末です。


さてさて自分が気になるのはNexus5が発表されたことによるNexus4の値下がりです。性能的には十分ですし、200kbpsに通信速度が制限されるSIMカードを使っている自分にとってはLTEは不要。現状では値段もまだまだ高いので買うことはありませんが値下げされたら候補としては悪く無いかな。Nexus5は画面が大きくなったのですが横幅はNexus4とさほど変わっていませんし、今後も楽しみたいなら間違いなくNexus5のほうが良さげ。

関連記事

このページのトップに戻る

コメント

名前
メールアドレス
WEBサイト
 
コメント
パスワード
  管理者にだけ表示を許可する

このページのトップへ戻る

最新記事 / コメント

気になるブログ