スターティング・オーヴァー - 三秋縋

DSCF9160.jpg

今パソコンのストックを見てみたら風景写真と呼ばれるものがまったくなくて実はカメラも好きじゃなくなりつつあるんじゃないかと心配になっているのだけど、それには生活スタイルが変化していることも関係していると思う。最近休日は家で過ごすことが多くなったもんなぁ。

というどうでもいい余談から記事を始めるわけですが、この本ずっと読んでみたかったんです。げんふうけいの「スターティング・オーヴァー」をもっと深くしたお話。内容についてはネットで公開されている原作を読んでもらえばわかるのでここでは触れないけど、この人の考え方がすごく面白いなぁと感じるわけです。少しひねくれているけどもなんかわかってしまう感じが。

原作よりも大量に文章が増えているため、こういう展開になるのかっていう驚きは少し弱めですが、それでも面白かったです。本を読むのが苦手で、今まで生きてきて文字だけの本を買うのは実は初めて。
関連記事

このページのトップに戻る

コメント

名前
メールアドレス
WEBサイト
 
コメント
パスワード
  管理者にだけ表示を許可する

このページのトップへ戻る

最新記事 / コメント

気になるブログ