ファンクバンド Big Sam's Funky Nation

今週の一枚 Big Sam's Funky Nation / Peace , Love & Understanding (indigo YOKOHAMA)


こちらのブログで紹介されているファンク・ミュージックは実に間違いがないのでいつも楽しみにさせてもらってます。最近邦楽ポップスばかり追っていて、ソウル/ファンクだけでなくハウスも疎いのでたまに聞くといいもんですね。


Big Sam's Funky Nation Performs "Shake That Funky Donkey" at Gathering of the Vibes 2011

グルーヴの塊である。文句なしにカッコイイ。


Big Sam's Funky Nation • Big Ole Booty

ご機嫌なナンバーですね(笑) この言葉自体古いと思うのですが、なぜかファンクミュージックを聞くと言いたくなるんだよなぁ。


HAMMOND ENDORSER MAURI SANCHIS 2011 TRIO ALBUM

どちらかというと自分は昔からMAURI SANCHISみたいなちょっとアーバンな雰囲気のファンクが好きみたいでいわゆるJBみたいなのはどうもドツボじゃないんですよね。Boston Hornsも既に追ってないのだけど結構CDとか出てるんだろうか?


(驚きの動画の長さ 1時間20分)

たまたま、HAMMOND (オルガン)で検索してたらヒットしたゴスペル系アーティストのフレッド・ハモンドが結構いい音鳴らしてて気になっているけどもまだCDは買ってないんですよね。スラップなんかも聞こえるし、ゴスペルとファンク/ソウルは音使いが近い気がします。
関連記事

このページのトップに戻る

コメント

名前
メールアドレス
WEBサイト
 
コメント
パスワード
  管理者にだけ表示を許可する

このページのトップへ戻る

最新記事 / コメント

気になるブログ