ベースラインからたどる心地よさの共通点


True Lies - 葛谷 葉子

自分はこの曲がものすごく好きなのですが、共通点を感じる音楽を見つけると嬉しくなりますね。それがサンプリングにしろ、そうでないにしろ共通点を感じることが出来ただけで知らない世界に踏み込んだ感じがします。音楽って自然に聞こえるパターンはもはや出尽くしていて、これからの音楽は似たものの中でどれだけ新しい雰囲気を出していけるかっていう方向に行くような気がしますね。


TELL ME - Groove Theory

葛谷葉子のTrue Liesはこの曲のサンプリングではないかという話なのですが、メロディーの繊細さは日本人という感じで、この曲とはまったくイメージが違います。自分はサンプリングについてはリスペクトを感じられれば賛成なタイプです。


Only Wanna Give It To You - Elle Varner Featuring J. Cole

多分同じ雰囲気のベースラインを現代風に解釈するならこういう感じになるのかなぁって。まったく雰囲気は違うのに自分の中では共通点を感じて聞いてるのです。
関連記事

このページのトップに戻る

コメント

名前
メールアドレス
WEBサイト
 
コメント
パスワード
  管理者にだけ表示を許可する

このページのトップへ戻る

最新記事 / コメント

気になるブログ