ファインダーレスモデル FUJIFILM X-M1 発表

クリップボード



本日発表されましたFUJIFILM X-M1。他社では主流であるファインダーレスタイプのカメラがXシリーズに加わることとなりました。自分はファインダーはいらないと思っているタイプなのでこのカメラ待ち望んでいました。

マウント径は同じなのに、なんかレンズが大きく見えるということはボディーが小型化されているということ。このボディー、X20と同程度の横幅で、高さはX20よりも3mm小さいです。RICOH GRなどAPS-Cでも小型化したモデルが最近たくさん出てきますね。

前から見た感じのイメージはドツボで今まで見たデジタルカメラの中ではかなり上位に食い込むデザイン。背面はなんかちょっと残念で、Xシリーズで独自に用意されていた左側のボタンが排除されています。上部ダイヤルもモードダイヤルになっていたりして、初心者向けに作ってきたというイメージ。

同時発表されたレンズは絞りダイヤルが省略されたXCレンズというものですが、それに合わせて作られたボディーなイメージですね。気になるのは絞りダイヤルがレンズについている従来のXFレンズはそのままコントロールできるのかということ。もしそのままコントロールできるとすれば、シャッタースピード優先で使う機会ってあんまりないので、このボディーでもなんら違和感なく使えそうです。

背面液晶は92万ドットに上がっているので魅力的ではあるのですが、フィルムシミュレーションは削られているし、X100Sのような像面位相差AFでもないし、X-E1持ちな人からすると、あんまり買い換える理由が見当たらないモデルです........とか言っておいて店頭で触ったら欲しくなるんだろうなぁ。新規で買う人にとってはXシリーズの雰囲気が味わえる素晴らしい一台だと思います。
関連記事

このページのトップに戻る

コメント

名前
メールアドレス(任意)
WEBサイト(任意)
 
コメント
パスワード
  管理者にだけ表示を許可する

このページのトップへ戻る