シンメトリー - メレンゲ [2009 / ワーナーミュージック・ジャパン]

B001J8NR98

メレンゲって高校時代に知ったアーティストなんだけど、今聞くとドツボサウンドなんです。絶妙な浮遊感とポップ感。ボーカルの声の雰囲気もあるんだけど、曲の雰囲気が心地いいのです。

ソウルフルな曲も聞いているのだけど、圧倒的にポップス聞くシチュエーションが最近増えてますね。これもバンド始めたのが原因なのかもね。


スターフルーツ - メレンゲ

彼女に似合う服、アオバ、君に春を思う、へび坂など名曲揃いの1stアルバム「星の出来事」とはちょっとサウンドの方向性が違って結構音を多めの路線にふってきたアルバムですね。不思議な雰囲気のする1stも好きだけど、根本的な部分はこのアルバムも似ている感じがしますね。


魔法 - メレンゲ

イントロの柔らかいシンセの音。Aメロから入るピアノの伴奏とちょっと不思議な展開のコード進行。こういうのってメレンゲの良さが出てますねぇ。


君に春を思う - メレンゲ (1stアルバムに収録)

自分の中ではまったく色褪せない名曲。楽曲の持つ心地よさが心を鷲掴みにします。
関連記事

このページのトップに戻る

コメント

名前
メールアドレス
WEBサイト
 
コメント
パスワード
  管理者にだけ表示を許可する

このページのトップへ戻る

最新記事 / コメント

気になるブログ