MIX - Drivin' 24

約一年ぶりのDrivin。

DJをやる機会は増えているのですがMIX作りというものからしばらく離れていると感覚忘れてしまいますねぇ。前半はいつものDrivinテイストを重視しグルーヴィーなトラック多め、中盤からやや静かめなトラックをはさんでみました。

各曲の視聴はTraxsource等にリンクを貼ってあります。Traxsourceがリニューアルしてからどうも使いづらくなってしまったのですが、歌物トラックはやっぱこのサイトがいいなぁと思います。ここ最近は、歌物もだいぶリリースが減ってしまって残念なのですが、新譜に拘らず良いと思う曲を探して行きたいですね。

トラックリストは次の通り。


1. Sunday Brunch (Original Mix) - GLounge

インスト。生的な雰囲気がするトラックでカッコイイですね。何かのサンプリングなのかな?

2. Talkin' All That Jazz (Torti's Old School of Edits Dub) - Stetsasonic

インスト。男性ラップ。ダンサーの人にめちゃくちゃ人気のトラック。ブレイクがたまりません。

3. The Sound (Matt Early Remix) - Grant Nelson

男性&女性ボーカル。1983年にDaytonがリリースしたThe Sound Of Music をGrant Nelsonが2003年にハウスにリミックスし、そのトラックをMatt Earlyが2012年に再リミックス。Matt Earlyのトラックは基本的に明るいアレンジが多くて、ベースラインは打ち込みなのかわかりませんがとにかく動き回っているものが多いです。実際のベースでこれを弾くとしたらだいぶ難しそう。

4. Bad 4 U (Dave Doyle Remix) - Winston Warrior

男性ボーカル。長い間、歌物ソウルフルハウスといえばRichard Earnshawが頭の中に浮かんでいましたが、最近では歌物ハウスはMatt EarlyとこのDave Doyleが熱いですね。ポップスらしさも混ざった良質ハウストラックばかり作っていてかなり好きです。

5. Thirteen (Original Mix) - Silicone Soul feat.Master H

インスト。オクターブであがるシンセの音にグワッと掴まれます。ハウスって本来こういうループする感じが気持ちよさを誘うと思うのですね。

6. Feel That Way (Mr. No Vocal Mix) - Wattie Green

インスト。ここ数年のJackin系トラックでは最高の出来ではないでしょうか。ファンキーでグルーヴィーで文句なしの一曲。ダンサーウケも良さそうな一曲です。ベースを抜いてわざと次のトラックにブラスだけ残して繋いでみました。

7. Gold & Diamonds (DJ KAWASAKI Remix) - Victor Davies

女性ボーカル......に聞こえたけどもしかしてこれ男性ボーカルかも。JazzyなエッセンスがたっぷりなDJ KAWASAKIリミックスのトラック。この年代のDJ KAWASAKIの曲の中ではストリングスがほどよく抑えられていてシットリ聞ける一曲になっていますね。前の曲からブラス部分を重ねてみましたがちょっと無理やりすぎたかな。

8. Afterparty For Two (Man X Sunset Nights Vocal Mix) - Vick Lavender feat. R.J. Green

男性ボーカル。このトラックをアレンジしたDJ Man-Xが昨年末に亡くなったと聞いた時には本当に驚きました。ループ感薄めのディープ・ソウルフルハウスを得意とする感じで、Louis Benedettiと似た色を感じていて大人な雰囲気が大好きでした。2005年に立ち上げられたDeep Havenからは本当にたくさんの名曲が生まれました。良いトラックをありがとう。

9. With Your Love (Original) - DJ Fudge & Ezel feat Jocelyn Mathieu

男性ボーカル。2013年にリリースされた曲で初めて聞いた時にこれはいい曲であると感じましたね。最近では日本でも注目されるようになったEzelが関わっているトラックで、とても哀愁的。センスが素晴らしいです。ノーマル状態だとドラムがややパワー不足だったので前の曲のドラムをループで伸ばしています。

10. Rest (Kyohei Akagawa Remix) - Kiwamu

インスト。前の曲のボーカルを邪魔するように入ってくるゴリゴリのベースライン。多分Drivinを普段聞いている人は不快に思うことでしょう。

........でもそれが狙いです。急に入ってくるベースラインで頭の中が不安な気持ちでいっぱいになります。前の曲のボーカルが消えて来る頃には急に出てきた激しいビートに心が落ち着かなくなります。でも、それが急に綺麗なメロディーで晴れるんですね。日本のOtographic Musicからリリースされたプログレッシブなトラック。普段あまりかけませんがこういうのも大好きです。



MIXをダウンロードする (106MB / 46分26秒)
リンクを開いて左上の矢印からダウンロードできます。
関連記事

このページのトップに戻る

コメント

すごい楽しめた!

>> Massoud さん

ありがとうございます♪

コメントの編集

久しぶりに覗かせていただいたら新作MIXが!
いつもながら熱い選曲で楽しませていただきましたm(_ _)m
なかなか身近にHouseトークの出来る人がいないので
また機会があれば色々ご教授いただきたいです

これもすんばらしい!
ハッピーです、おかげさまで。
MIX聴けてとてもうれしい。

>> 嶺人 さん

いやー私も地元にはハウストークを深い部分までできる人はいませんよ。
Track7,8,9あたりの静かめなトラックが最近は好きですね。

>> LAO さん

前作から約一年ぶりとなりました。聞いていただきありがとうございます♪

ソウルフルハウスには人を幸せにする力があると思っています。
最近こういう歌物なトラックのリリースが減りましたが、掘り出していきたいですね。

コメントの編集

前作からもう1年になりましたか、、、
いつも&-さんの聞いてるんでそんな感じがしませんがw!!
久々ダウンロードできてうれしいですよ。

これかっこいぃ~ヘビロテだわ~★

>> ピープス さん

いつもありがとうございます。
やりたいことが多すぎて気付けばMIX作りが出来ていなくて
一年も間が開いてしまいました。

>> マァチ さん

ありがとうございます! しっかり聞いても、BGMで聞き流しても
どちらでも合うように作りました。ヘビロテしてやってください♪

コメントの編集

お久しぶりです。
今回も取らせて頂きました!!
心地よいmixいつもありがとうございます。
一番最後のトラックが好きです^^

コメントの編集

>> _risako_ さん

お久しぶりです♪

最後のトラックのようなのはあんまり数多く知っているわけでは
ないのですが雰囲気大好きですね。

コメントの編集

久しぶりにサイトにアクセスしたら、
MIXがアップされていました!
(2ヶ月も前にですが...)

今回もご機嫌☆
たっぷりと聞かせて頂きます!

ありがとう

>> リスナー40 さん

発見していただきありがとうございます。
なかなか作る機会が減ってしまいましたが、マイペースで
作成していきますのでたまに覗いてみてくださいね。

コメントの編集

ごぶさたしておりましてすみません。
遅ればせながらMIX、今聞かせていただいてます♪
アンドーさんのすてきなセンスに惹かれてます…あ、全部聞き終えちゃった。
ところでWEEKEND ROCKERS vol.9 写真を拝見するところいい感じですね♪
ライブ演奏をそんなフリーな感じで浸れるのっていいですよね。いつか寄ってみたいね。
あ、ザレンバーグのウォルドルフのYoutubeの紹介もありがとう!
すばらしいですね♪

コメントの編集

>> dela|mark さん

聞いていただきありがとうございます。

あのお店でのライブ写真は相当な難易度です(笑) そこに笑顔があるので
撮りたくなるのですよね。

WaldorfのZarenbourgは今の時代にしては恐ろしく贅沢な鍵盤楽器で
予算上都合があるなら持っていると幸せになれそうですね。
でも、自分はKORGのSV-1が欲しいです。

コメントの編集

いつも、ステキなMIXありがとうございます!

コメントの編集

>> Masato さん

ハウス・ミュージックはやっぱりイイですね。
最近ポップスばかり聞いてますがたまにすごく聞きたくなります。

コメントの編集

名前
メールアドレス
WEBサイト
 
コメント
パスワード
  管理者にだけ表示を許可する

このページのトップへ戻る

最新記事 / コメント

気になるブログ