FUJIFILM X-E1 - ズレ

DSCF4510.jpg

今日はある事柄について、ずっと考えていました。内容はここには書かないけど、ちょうど良い記事が飛び込んできた。

あなたと私は違います…人に何かを頼むの巻
   (産業カウンセラー、子育てしたりモグモグしたり…in大館っつーblogらしいっスヨ)


自分の常識と違うことを理解する…
相手にそもそも期待しない…

想像してみてください。
すんげーストレスになりそうでしょ?

そうすればいいことくらいわかっちゃいるけど出来ない…
いや、やろうと思えば出来るかもしれないけど、そうしたくない…
たから腹が立つんやないかーい!
…みたいな。

(記事「あなたと私は違います…人に何かを頼むの巻」から引用)


重なってる枠はいいとして、
重ならない部分を、どうお互い伝え合って重ね合わせていくか、

重ならない部分をどこまで譲歩するか、妥協するか、はたまた諦めるか、

そうやって対処法を考えて行くと建設的な解決方法が見つかると思います。

(記事「あなたと私は違います…人に何かを頼むの巻」から引用)



なるほど、準拠枠ねぇ。これを読んだおかげで少し答えに近づけそうな気がします。
視点を広く持とうとしすぎて、逆に視点が狭くなっているのが今の自分なのかもね。
考え方の転換期かもしれません。
関連記事

このページのトップに戻る

コメント

名前
メールアドレス
WEBサイト
 
コメント
パスワード
  管理者にだけ表示を許可する

このページのトップへ戻る

最新記事 / コメント

気になるブログ