選択肢を狭めるドコモの料金体系

DSCF4496.jpg
(最近復活させた傷だらけのNexus)

最近のドコモの料金体系って、選択肢を制限していてどうも好きになれません。

Xiプラン (LTE)
タイプXi にねん 780円 (21円/30秒 無料通信分なし) + 通信量制限あり定額プラン
受信時最大100Mbps、送信時最大37.5Mbpsの高速データ通信。

FOMAプラン

タイプSS バリュー 980円 (21円/30秒 無料通信分1,050円) + 通信量(表向き)制限なし定額プラン
*ファミ割MAX50加入時
受信時最大14Mbps、送信時最大5.7Mbps



LTE通信をすると速度があがるのもわかりますし、プランが専用となる理由もわかりますが、問題はドコモのLTE対応機種ではFOMAプランを選択できないことなんですよね。正確にいうと、FOMAプランで使うことはできますが、LTEを無効化していない端末で通信したときはパケット定額対象外になるかもよ もしくは 使えないよっていう制限があるってことです。裏技的にLTEを無効化できる端末も存在しますが、それは公式な方法ではなく実質これからの通信手段はXiプラン一本に絞られていくと思います。

ガラケーは縮小の一方で、スマホではFOMAプランを(実質)使えない。となると今まで通話端末として携帯を利用している人にとっては料金値上げという方向に向かっているということになります。

[スマホ]Xi契約よりサービスが劣るFOMA契約の方が料金が高いのは何故だ (MA3エンヂニヤリング)


こちらのブログで指摘している通り、FOMAプランでのパケット定額もLTEが主流となる時代としては料金が高く、適正な価格に引き下げるのが通常でないかと思います。

MVNO以外安く携帯を維持する選択肢がないっていうのは、やっぱり微妙ですね。
関連記事

このページのトップに戻る

コメント

名前
メールアドレス
WEBサイト
 
コメント
パスワード
  管理者にだけ表示を許可する

このページのトップへ戻る

最新記事 / コメント

気になるブログ