雪の季節到来

DSCF0830_20121209171122.jpg

ついに秋田にも昨日から本格的に雪の季節がやってきました。寒いのが苦手なのでいつも冬ははやく通り過ぎてほしいと思っているのですが、今年はカメラを買ったので少し楽しみであります。冬にしか見られない景色を撮れたらいいなぁと思います。

ブログには書いていなかったのですが、今まで一年近く使っていたFUJIFILM X10がカメラ好きの友人のところへ旅立ちました。

同じ用途の物を使い分けできないのは昔からなのですが、またもやカメラが一台になりました。FUJIFILM X10はとても素敵なカメラでサイズ感も丁度いいし、出てくる写真もとても好みでした。手放した理由の一番は、X-E1でも食べ物写真が撮れると判断したからです。元々食べ物が理想的に撮れなかったので手放したSONY NEX-3でしたが、FUJIFILM X-E1は抜群の高感度性能を活かして、絞った写真を薄暗い室内でも撮影できます。コンデジ並に被写体に近づくことはできませんが、繊細な写真が撮れるX-E1のほうが便利ではないかと考えました。

下手くそではあるのですが、最近単焦点レンズのXF35mmF1.4 Rがすごく気になります。室内撮影で余計なものを写したくない時に、標準域となるこのレンズのボケ味は強い味方になるように思えるのです。いつか機会があったら欲しいです。





数日前からブログの英字の表示をArialからTahomaで表示するように変更しています。Arialを指定するよりも、Tahomaのほうが英字の文字間が狭まりまとまって見えるはずです。さらに若干ウェイトが太いので記事タイトルはよりインパクトが強くなったように見えます。日本語は、ヒラギノ角ゴが優先され、それ以外の場合はOSで使われているフォントが使われます。
関連記事

このページのトップに戻る

コメント

これはいいですね

コメントの編集

こうゆう景色ってカメラがあるから目に留まる景色ですよね^^

自分も楽しみが増えました^^

>> 恵藤憲二朗 さん

ありがとうございます。

>>garbonara さん

大概こういう景色を撮ろうと思ったときは外が吹雪いていてカメラ構えられない時が多いです(笑

コメントの編集

名前
メールアドレス(任意)
WEBサイト(任意)
 
コメント
パスワード
  管理者にだけ表示を許可する

このページのトップへ戻る