デザインに使えるキッチリした感じの読みやすいフォント

世の中にはたくさんのフォントがありますが、きっちり系のフォントはどのようなシチュエーションにも使うことが出来て持っておくと良いと思います。主に無料で使うことのできる個人的に好きなフォントを中心にまとめてみたいと思います。自分はフォントの歴史に詳しいわけでもなければ、WEBデザイナーでもありませんので情報間違ってたらゴメンナサイ。

arial.png
Arial (アリアル)


Windowsに標準で入っています。どうやらMacにも標準で入っているらしいです。Helveticaとよく似たフォントとして扱われるらしいですが、大文字の「R」の形がまったく違います。非常に使いやすいフォントですので、Windowsユーザーの人はこれを英字に使ってみると印象変わるかも。

swiss721.png
Swiss 721

有料フォント。このSwiss 721というフォントはMacに標準で入っている、HelveticaをBitstream社が販売しているもの (細部のデザインは異なる) ということですが、オリジナルのHelveticaはかなり高いので自分は買えません。ネットでSwiss 721というフォントを買うと1ウェイトあたり約25ドルしますが、自分は「TrueTypeフォントパーフェクトコレクション」を購入。

この雑誌にはかなりのウェイトが収録されていて一冊買うだけでかなりお得な本となっています。この記事では紹介しませんが、Helvetica(Swiss721)、Frutiger(Humanist777)、Univers(Zurich)などの代替フォントも収録されていてフォント興味ある人なら文句なしに購入の一冊。

上記で紹介したArialとはかなり似ていますがその比較をしていた人がいたのでブログ記事にリンクさせていただきます。

Keita USHIDA :: Helvetica & Arial



altehaas.png
Alte Haas Grotesk

このブログタイトルやサイドメニューにも使っているフォント。個人/商用利用可。

きっちりして見えるのにどこか柔らかいような古い雰囲気のするフォントで個人的にかなりお気に入り。読みやすいですしかなりオススメ。

aurulent.png
Aurulent Sans

やや独特な細身のフォント。ライセンスはPublic domain / GPL / OFLなので個人使用はまったく問題ないですね。GPL / OFLを調べてみると商業利用も問題ないようですが、なんか色々面倒くさそうなので使う方は調べてからどうぞ。重さを出したくない場所に使うと良いかもしれません・

vegur.png
vegur

日本人の方が作ったフォントのようです。読み方不明。No rights reservedとのことなので個人/商用利用可。
過去のフォントはアップル社が使っているMyriadに似ているということでしたが、今回バージョンアップにより脱Myriadを狙ったとか。スタイリッシュなデザインで、モダンな雰囲気に合わせて使うと良さそうです。

coolvetica.png
Coolvetica Rg (Regular)

太めにデザインされたキュートだけどシンプルで使い勝手の良いフォント。自分がやっているイベント「ソウリズム」のフライヤーデザインにも利用しているフォント。個人/商用利用可。

アメリカのチェーンストアのロゴをモチーフに作ったそうなのですが、ヘルベチカがイメージの中にやはりあるそうですね。

sansation.png
Sansation

きっちり系なフォントではないですが、個人的にこの間延びした感じのゆったり感が好きです。全体的に柔らかい丸っこい印象ですが、結構まとまり感が出る不思議なフォント。個人/商用利用可。

m2p.png
M+ 2P

今回紹介する記事の中で唯一日本語対応可。個人/商用利用可。

Macでデザインするなら、ヒラギノ角ゴシック体という素晴らしいフォントがインストールされていますが、Windowsの標準フォントはなんとも微妙。そこでこのフォントを使うとそこそこに見えるデザインにすることができます。

M+フォントは漢字で一部対応していないものがあり、デザイン以外で常用するなら不足している漢字をIPAフォントから補完したMigMix 2Pがオススメです。M+はウェイトが分けられていますが、MigMixは一つのフォントとして扱われるため日常用途では便利です。デザインの異なるMigMix 1Pは伝わるデザインでオススメ書体として紹介されています。

過去に記事にしたことがありますが、自分のAndroid端末はrootをとってMigMix 2Pに設定、パソコンも同じようにこのフォントに設定しています。

franklin_20121103230414.png
[2012/11/03追記]
Franklin Gothic

Gの雰囲気が特徴的なWindowsでは標準でインストールされているため馴染みが深いフォントではあるのですが、デザインに使えるのを知ったのは最近。やや崩れた感じのフォントではありますが、全体のまとまりはよく組み合わせやすいと思います。

identikal.png
[2012/11/03追記]
Identikal Sans

有料フォント。フォントを見た瞬間何か衝撃を受けたのはCoolvetica以来ではないでしょうか。まだ購入はしてませんが、どんなサンプル文を打ち込んでも自分好みなデザイン。特にdとeとyの感じが凄くいいですね。レギュラーだけでも欲しいです。
関連記事

このページのトップに戻る

コメント

フォントも見てると楽しいですよね。
FC2はフォントの設定もできるんですか??

コメントの編集

>> カジ さん

WEBページでフォントを指定することはできますが、
各パソコンに入っていないフォントは、ブログ側で用意し
それを読みこませなくてはいけないのであまり現実的ではありません。

ブログ側からフォントを指定してしまうと、好みで
フォントを変えて読んでいる人からしてみれば、
押し付けになってしまう可能性もあるので
ユーザビリティ的にも注意が必要かもしれませんね。


日本語のように文字数が多いフォントを
読み込むとページが重くなる場合があります (サブセット
という仕組みで容量小さくできます) し、
環境によって綺麗に見える環境とそうでない環境があります。

簡単なのは、WEBフォントサービスを利用することかな。

↓無料です。フォントだからロゴに設定してもコピペできる。
Google Web Fonts : http://www.google.com/webfonts

↓個人向け有料WEBフォントサービス
デコもじ : http://decomoji.jp/

↓高いですが、デザインの世界で使われているフォントが使えるビジネス向けサービス

FONTPLUS|フォントプラス : http://webfont.fontplus.jp/

--------------

この記事で紹介しているフォントはダウンロードして
パソコンで使うことが可能です。Macでは綺麗に
表示されると思いますが、WindowsでもMacTypeという
ソフトを導入することで美しい環境が導入できます。

窓の杜 - 【REVIEW】Windows上のあらゆるフォント表示を劇的に美しくする「MacType」 : http://www.forest.impress.co.jp/docs/review/20120427_529485.html

コメントの編集

名前
メールアドレス
WEBサイト
 
コメント
パスワード
  管理者にだけ表示を許可する

このページのトップへ戻る

最新記事 / コメント

気になるブログ