Diamonds - Jonathan Fritzén

B003M3UDN6

私がSmooth Jazzなら迷わずオススメするのは「Jonathan Fritzén」。

Jonathan Fritzénはスウェーデン出身のキーボードプレイヤーで、心地良いクールなメロディーに、シンセベースを多様した楽曲を作ります。個人的に聞いていて飽きない曲ばかりで、Smooth Jazzの中ではかなりリピートして聞いているアーティストだと思います。

今回紹介のDiamondsは3rdアルバムで、1st/2ndもかなり良い出来ですが、それ以上にさらに洗練されているような気がします。


Dance With Me - Jonathan Fritzen


Feeling the Groove - Jonathan Fritzen featuring Laila Adele


インタビュー

各曲が少しずつですがプレビューで聞けます。


国内在庫が少なく入手しづらいですが、気に入った方は探して買いましょう。どの曲も素敵で間違いなくオススメできます。
関連記事

このページのトップに戻る

コメント

ジャケットがどんどん女性化して劇的変化とげているけど、
それに反比例して音はどんどんよくなっていますよね。

3枚目のアルバムがやっぱり一番好きです。
軽やかで無駄を殺ぎ落としにシンプルで心地いい♪

コメントの編集

>> らびあん さん

ジャケの件は私も密かに思ってました(笑)
フォトショップででも加工してるのかな?

毎回音が洗練されていっているというのは同じ
意見で、ここまでまとまっていると次のアルバムは
どんなのを出してくるか楽しみでしょうがありません。

コメントの編集

ほぉーやっぱりジャケットの件&-さんも感じていましたか(爆)
1stは、とっちゃん坊や的だったのに、2ndで何を思ったのかモデル風味になり、3rdで新宿2丁目ビギナーになった感じ(笑)

次のアルバムは音も楽しみだけど、ジャケットがめちゃくちゃ楽しみです。
次はストレートにおねぇで来そうな悪寒。
ジョナ子に期待しておりまする(笑)

コメントの編集

>> らびあん さん

そうですねジャケとともに次の作品期待です(笑)

コメントの編集

名前
メールアドレス(任意)
WEBサイト(任意)
 
コメント
パスワード
  管理者にだけ表示を許可する

このページのトップへ戻る

気になるブログ